徐々に取り戻す日常

2016.5.12から一週間、南相馬市のトライアルステイを体験させていただきました。 コンビニ、スーパー至近の一軒家で、隣の小学校から元気な 子供たちの声が聞こえてくるのどかな環境でリラックスして過ごすことができました。 震災時は大変だったと思いますが、徐々に復興も進み日常を取り戻している印象を受けました。放射線量についても遠くにいるとリスクが高い印象を受けますが、現地に滞在して数値を確認すると、原町で0.1μSv程度、東京で 0.03μSv、飛行機で東京・ニューヨーク往復が200μSv、胸部X線撮影が50μSv、ということで大体リスク度が実感できます。 雇用関連の話を聞いたところ、有効求人倍率が2倍を超えていて、パートの時給も高いとのこと。 意外でしたが、企業の復興も着々と進んでいる感じを受けました。 駅前の市立図書館がcafeも併設していて、持ち込みできるテラス席が2階にあり、素敵でした。

そうそうでくらそう 問合せ・申込先

〒975-0031

福島県南相馬市原町区錦町1-30

福島県相双地方振興局

企画商工部地域づくり・商工労政課

TEL:0244-26-1142

FAX:0244-26-1120

MAIL:

福島県相双地方振興局HP:

当サイトでは、サイトの利用状況を把握するためにGoogle Analyticsを利用しています。Google Analyticsは、クッキーを利用して利用者の情報を収集します。Google Analyticsの利用規約及びプライバシーポリシーに関する説明については、Google Analyticsのサイトをご覧ください。なお、Google Analyticsのサービス利用による損害については、福島県は責任を負わないものとします。

(c)2019,Fukushima Pref. All Rights Reserved.